函館の路面電車

函館市企業局監修による「函館の路面電車カレンダー」を企画制作しています。
地元を活動拠点としている写真家、デザイナーとタッグを組み
四季折々の街と人と路面電車の光景を楽しんでいただける
壁掛け、卓上タイプと2種類、各々12枚のカレンダーにまとめました。

壁掛けタイプ

A2版二つ折り(A3・28ページ) 1,296円(税込み)
◎カレンダー吊り具には切り取り不要のクリップ式を
 採用し使用後もきれいに保存できます。

卓上タイプ

プラケース入り(90×94mm・14枚) 540円(税込み)
◎スタンドとしてそのままご利用いただける
 プラケースは携帯、保存に最適です。

函館の路面電車カレンダー2016年度版販売開始!詳しくはこちら

函館の路面電車カレンダー2017

発売元:阿部綜合印刷株式会社ディレクション:坂上 正治
写真撮影:写真工房 野呂 希一 デザイン:グラフィックハウス 敦賀 浩
監修:函館市企業局  函館市企業局交通部商品化許諾済
※掲載の画像はイメージであり、体裁以外は写真・デザインとも変更になります。予めご了承下さい。

函館の路面電車=歳時記=

【1月】 ササラ電車
雪煙を上げながら、軌道上の雪を回転式ドラムで除雪するササラ電車は黄色と黒のしま模様と、クラシックな形状が人気の車両です。
【2月】 雪道
雪道では渋滞がちの乗用車たちを横目に専用レーンをひた走る路面電車。
時折ひびく警笛音とともに頼もしさが印象的です。
【3月】 春休み
路肩の雪も消え外出の足下も軽くなる季節。卒業、入学入社と転機を迎えるこの時期は様々な思いが街にあふれ、想い出のシーンが作られます。
【4月】 箱館ハイカラ號
平成5年、函館市制70周年を記念して明治43年当時の姿に復元された「箱館ハイカラ號」はすでに生誕100周年を迎える「街の記憶」が詰まった電車です。
4月中旬〜10月末まで運行されレトロな街並にアクセントを添えています。
【5月】 お花見
函館の桜前線はゴールデンウイークの連休中に到来する。市内のあちこちに淡い彩りを添える桜並木。公園へと向かう花見客を乗せた電車も忙しい。
【6月】 初夏
競馬開催の6月。国内で最も長い歴史をもつ函館競馬場は湯の川温泉とともに古くから函館観光を支えるレジャー施設です。
【7月】 カラオケビール電車
ビールメーカーの協賛を得て開催されている貸し切り企画電車。走り抜ける景色の中で飲んで食べてカラオケもという人気のお楽しみ電車です。
【8月】 函館港まつりと花電車
薄暮の中、電飾に縁取られた花電車を見ると港まつりを実感します。最近では広告電車も多くなりましたが目立ち度No1の座は譲りません。
【9月】 秋の夜長と電車
函館バル街、はこだてグルメサーカスなど食のイベントがいっぱいの9月。移動に便利な「バル街電車」も運行されて盛り上がっています。
【10月】 記念感謝 均一料金運行
10月14日鉄道の日など感謝イベントとして全線200円均一が開催されます。日頃電車とは縁遠くなった市民の方にも好評です。
【11月】 紅葉と温泉と
終点、湯の川温泉電停から散策がてら徒歩25分程。紅葉が人気の香雪園まで足を運んではいかがでしょう。帰りには電停前の公営の足湯で一休み。
【12月】 Midnight Tram
(深夜の電車 増発)
なにかとイベントが多く終電車が混み合う、年末には通常の最終電車のあとに「Midnight Tram(ミッドナイトトラム:深夜の電車)」を2便を増発。湯の川方面への帰宅なら23時頃までお酒を楽しんでも間に合います。